『R3.4月の日記』

4/1 精子の無償提供ボランティアが増えていますが、日本産婦人科学会は個人間の精子提供は認めていません。ただし、個人による精子提供に法的な決まりもありません。精子ドナーにとっての主なリスクは「財産分与」や「扶養義務」があり、レシピエントにとっての主なリスクは「性病などの感染症」や「同一提供者からの精子が多ければ、血縁関係での結婚が起きてしまうこと」が挙げられます。ただし、子どもが欲しいという願い以上に大切なのは、生まれてくる子どもの「出自を知る権利」ではないでしょうか。将来生まれてくる子どもが成人した立場に立って考えなければなりません。

4/2 デンマークでは、精子提供は自然な選択肢とされています。「子どもを持つなら法律婚をするべき」といった日本のような概念はないことが要因かもしれません。実際に、法律婚をしないまま子どもを持つカップルも多くいます。デンマークでは、子どもが18歳になったときにドナーの氏名、最終登録住所、生年月日が開示される「身元開示ドナー」と個人情報が一切開示されない「身元非開示(匿名)ドナー」の2種類の精子提供が許可されています。身元開示ドナーを選ぶと、子どもたちが成長して提供者に興味を持ったときに、コンタクトを取ることができるようになります。ヨーロッパ全体で見ると、すでに匿名ドナー制度が廃止されている国も多く、世界基準で見ても、「子どもが自身のアイデンティティを知る権利はあって然るべき」という考え方が認知されつつあるのかもしれません。倫理的な問題や法整備など超えるべきハードルは多いですが、ドナー提供による体外受精を含む不妊治療により、愛情あふれる親子関係を築く家族はたくさんいます。自分たち家族の状況だけでなく、世の中にはさまざまなタイプの家族が存在することも伝えるなど、親が偏見を持たずに子どもに接すれば、子どもにはオープンなマインドが備わるそうです。このようなことを見習って、第三者の精子・卵子提供による生殖補助医療がより広く認められるべき選択肢だと思えてなりません。

4/3 春らしい陽気の中、とても素敵なカップルさんとご面談をさせていただきました。ヒラヒラと舞い散る満開の桜の花びらも、ご夫婦の明るい未来への門出を祝福しているようで、心が温かくなりました。精子ドナーにとって、面談のひと時は、何事にも代えがたい大切な時間です。

4/4 今日は桜の花見のピークにも関わらず「桜流し」の一日となりましたが、それを補って余りある、ご妊娠という嬉しいご報告をいただきました。3年以上にわたり精子提供を検討され、仕事との折り合いがついたことから妊活をスタートされましたが、幸運にもスケジュール通りすぐにご妊娠され、精子ドナーとしても安堵しました。

4/5 元テレビ朝日アナウンサーの竹内由恵さんが妊活体験談を告白されました。「妊娠にはタイムリミットがある」とい旦那さんの言葉が、あらためて自分の年齢と向き合うきっかけになり、「子どもが欲しい」という気持ちが強くなっていったそうです。仕事と妊活のどちらを優先するかの二択については、旦那さんの「仕事を優先して妊活を先延ばしにしてしまったら、もし授かれなかったときに後悔するかもしれない。でも今、妊活を優先して、それでも授かれなかったら、最善を尽くしたということで納得はできる」、「高齢出産は出産や子どものリスクも高くなる」という言葉で、「まずは家庭を築くことを優先しよう」と考えたそうです。、また、「夏までにタイミング法で授かれなかったらステップアップしよう」とタイムリミットを設けたことが、すぐには授かることができなくても気持ちを奮い立たせることができてよかったそうです。

4/6 年齢によっては、体外受精は自然妊娠より妊娠率が下がることがあり、タイミング療法を勧められることもあるようです。一般的に、体外受精の方が自然妊娠より妊娠率は高いとされていますが、年齢が上がると、良質な卵子を採取するために、10個程採卵するところを、倍の20個程採卵することになり、結果的に確率としては下がってしまうそうです。要は、卵子の質の問題なのでしょう。

4/7 「サウナで精子が減る」説を専門家が検証し、「週2回、3カ月間のサウナで量と運動量が減少」するという結果が出ています。成人男性が80度から90度のサウナに15分入ることを週2回、3カ月続けたところ、精子の量や運動量が著しく減少したそうです。ところが、サウナに入ることを3カ月やめると、半分程度にまで精子の状態は回復、半年後には完全に回復することが分かったそうです。体温が36度なら、身体の外に出た陰嚢内部の温度は33度前後であり、その状態が一番精子を作りやすいとされています。そのため、精子の持ち運び時の温度も33度前後がベストだといえます。

4/8 性別を早期に判定する「R先生」という方がいらっしゃるそうです。通常、赤ちゃんの性別が分かるのは妊娠20週くらいですが、11~13週くらいのときにエコーに映る「ベビーナブ」という赤ちゃんの背中の角度で性別を判定できるそうです。

4/9 SNS精子提供には、純粋なボランティア目的の方もいる一方、ウソの経歴で女性のカラダ目的やからかい半分の方もいます。騙されてからでは遅いので、学歴や身分などをある程度提示していただけないようなドナーは怪しいと思って、断る勇気も必要です。

4/10 夫が無精子症で自然妊娠は難しくても、精子になる前の精子細胞があれば、顕微授精で子どもを授かることはできます。顕微授精で3人目を出産された方もいます。人工的な方法にすがって子どもを望むなんて親のエゴなのかもしれないと思われるかもしれませんが、生まれてきた赤ちゃんの姿や成長する様子を見ると、そのような考えは小さくなっていくどころか、医療技術に感謝することになります。

4/11 不妊治療のストレスは、男性より女性の方が「感じる」という結果が厚生労働省が実施したアンケートで明らかになりました。「自身やパートナーの親からのプレッシャー」や「他の人の妊娠が喜べない」といった項目で、男性よりも女性の方がストレスを感じるようです。

4/12 イギリスで、妊娠中に妊娠した女性が、男女を同日に出産されたそうです。一般的に、妊娠すると生理が止まり妊娠しませんが、約0.3%の確率で妊娠中に妊娠することがあるようです。これは「重複妊娠」と呼ばれ、世界でわずか14例しか確認されていないようですが、このご夫婦は「特別な双子」と呼んで、子育てを楽しんでいるそうです。

4/13 今日はタイミング法による精子提供でした。心と体に一線を画すことがプロの精子ドナーですが、貴重な経験になるとともに多くのことを学び、そして感慨深く忘れられない一日となりました。タイミング法はお互いの信頼や当日の時間的余裕も必要になりますが、シリンジ法より新鮮な精子を確実に子宮まで届けられると実感しています。自然な方法での妊娠は誰もが望まれることなので、赤ちゃんを授かられたときは良い思い出にしていただけると思います。