精子提供・妊活支援 | 関西
(精子ドナー・精子バンク)

未来かなえ

 思い描いた人生に向け、一歩を踏み出してみませんか?
 心から赤ちゃんを望まれる方に、信頼と実績を基にした、最大限のご支援をいたします☆
 主に関西で、ご依頼に応じて、妊娠しやすい日に新鮮で良質な精子をお届けしています。
 
赤ちゃんを出産された際には、育児にかかる初期費用として一定金額を支援しています(人数限定)。

未来かなえ☆とは...

 主に関西(大阪、京都、兵庫(神戸)、滋賀、奈良、和歌山、その他新幹線で1時間程度の県)で、ボランティアによる精子提供をはじめとした妊活支援を行っています。
 男性不妊でお悩みのご夫婦や、同性・異性カップル(LGBT、GID、FTM、レズビアン、トランスジェンダーなどのカップル)、選択的シングルマザーをご希望の方などに、精子ドナーとして、ボランティア(無償)により精子を提供しています。個人精子バンクのメリットを生かして、妊娠しやすい日(排卵予定日)に、いち早くスピーディーに、新鮮で良質な精子をお届けいたします。
 心から赤ちゃんを望み、子どものことを最優先に考え、育てていける環境がおありの方でしたら、できる限りの支援をいたします。これまで提供させていただいた方の多くが半年以内で妊娠されていますが、妊娠という結果ありきではなく、ご希望に寄り添うことが大切だと考えています。
 最初は抵抗感などの複雑な感情も抱かれると思いますが、お子様の望まれる気持ちは清く尊く美しく、精子提供により赤ちゃんを授かることは正しい選択の一つです。女性には子どもを産む権利もあります。堂々と、安心して、そして楽しくチャレンジしてください。
 妊活・妊娠・マタニティライフ・出産・育児を通して『子どもの笑顔に囲まれた幸せな人生を送ってほしい。』ただただ、心からそう願うばかりです。きっと明るい未来がやってくると信じながら、そして、あなたの未来を明るく照らす希望の光となれるよう、誠意をもって精一杯サポートいたします。
 他の精子ドナーさんから提供を受けたけれどなかなか結果が出ない。そのような場合のセカンドオピニオンとしてのご相談にも応じています。妊活に関する様々なアドバイスや、妊娠・出産後の支援も個別に行っています。
 まずは、お気軽にお問い合わせください!

活動のきっかけ

 学生時代、ボランティアサークルに所属し、献血活動や老人福祉活動など様々なボランティアを行っていました。社会人になって間もない頃、白血病で大切な人を亡くしたことから、命の尊さを知り、骨髄バンクへのドナー登録を検討している中で、2014年にNHKの「徹底追跡 精子提供サイト」という番組を見て、精子ドナーであれば、責任を持った支援ができると感じました。

 最近では、多様性のある社会の実現に向けた仕事に関わる中で、国内において精子バンクの施設が整うまでは、LGBT等でパートナーとの子どもを望まれる女性が妊娠期を逃してしまうことにならないよう、個人精子提供ドナーによるフォローが欠かせないと認識しました。

 30代女性の未婚率は1990年の10.4%から2000年20.4%、2010年には27.8%と上昇が続く中で、精子バンクを使って未婚のまま子どもを欲しい人、同性同士で結婚して子どもを欲しい人など、できるだけ多くの生き方を認め、個人が自由な選択をとれる柔軟な社会になることこそ、重要だと思います。しかしながら、海外の精子バンクで提供を受けようとすると、費用的・時間的な負担も大きくなり、ドナーの特徴や幼少期の写真は見ることができても、実際に面会してその人となりを知ることは叶いません。

 また、これまで10年以上、赤ちゃんを授かりたくても授かることができず、先の見えない不安の中でつらい思いをされる方々を間近で見てきました。しかし、だからこそ赤ちゃんを授かった時にその分の大きな喜びがあること、その喜びが子どもに愛情として注がれることになることも知りました。

 赤ちゃんを望まれる方に寄り添い、女性と日本の未来のために、少しでもお役に立てればと思い活動をはじめました。

ニュース&お知らせ

『人間は、生涯で何人まで子供をつくれるのか?』

『人間は、生涯で何人まで子供をつくれるのか?』  以前に、150人の子供をもつ男性がいるというニュースを紹介しましたが、今回はそれを遥かに上回る1171人の子供をもうけた男性がいたというニュースを見ましたので、以下、転記… 続きを読む »『人間は、生涯で何人まで子供をつくれるのか?』

『5.5組に1組が受けている“不妊治療”の問題点』

『5.5組に1組が受けている“不妊治療”の問題点』  信州大学特任准教授の山口真由さんが“不妊治療”の問題点について述べた記事がありますので、以下、転記によりご紹介します。  ◆高額で女性負担大の不妊治療  不妊治療の経… 続きを読む »『5.5組に1組が受けている“不妊治療”の問題点』

『16人に1人が体外受精児 “過去最多”進む不妊治療』

『16人に1人が体外受精児 “過去最多”進む不妊治療』  16人に1人の赤ちゃんが体外受精で生まれたことが分かりました。  日本産科婦人科学会によると、2018年に体外受精で生まれた赤ちゃんは5万6979人で、過去最多を… 続きを読む »『16人に1人が体外受精児 “過去最多”進む不妊治療』

依頼者様からのメッセージ

たくさんの方からご妊娠・ご出産のお喜びの声を頂戴しております。ほんの一例になりますがご紹介させていただきます。

IMG_2868 – コピー

T.B 様

T.B 様

(ご出産の折にて)
本日〇月〇日 〇時〇分
無事に女の子を出産いたしました。
破水、本陣痛、出産まで4時間弱という、助産師さんも本当に初産婦かと驚くほどの安産でございました。
〇〇〇〇g 〇〇.〇cmと、小柄な子ですが これからの成長が楽しみです。

わざわざ〇〇まで来ていただいての精子提供、励ましの言葉やサポート本当に本当にありがとうございました。
周りとは全く違う境遇で、前途多難な道のりではありますが、その分周りの何倍もの愛情を注いで子どもに幸せだと思ってもらえる両親に成長していきたいと思います。
またこの先、育児に関することなど、相談させていただくこともあるかと思いますが、その際は宜しくお願い致します。
まだまだ先にはなりますが、第二子以降もご縁があればお力添えよろしくお願い致します。

よもやま話

ドナーの日記(2021年9月)

『R3.9月の日記』

9/1 暦の上では秋ですが、しばらく暑さは落ち着きそうにありません。精子提供をご依頼いただいた方には、もれなく日傘をプレゼントしたいと思います。

9/2 精子提供のお問い合わせが少なりました。余裕を持ってお手伝いができる状況です。

9/3 「妊活日記」というブログを見かけましたが、生理不順の方の不妊治療のポイントは、鍼灸院へ通いながら「.ゴナールを100単位ずつ毎日注射すること。」、「炭水化物を減らすこと。」、「たんぱく質を取ること。」、「しっかり休むこと。」のようです。参考までにURLを貼っておきます。https://oggi.jp/434657

9/4 予定帝王切開の場合、PCR検査の陰性証明を提出すれば出産に立ち会える病院もあるそうです。

9/5 大家族に憧れる精子ドナーもいるかと思いますが、精子ドナーは遺伝子上の父親であって大家族になることはできません。大家族になろうとするなら、精子提供活動を止めるしかありません。

9/6 イギリスでは、卵子や精子、受精卵を最長55年凍結保存できることになります。 これまでの10年を一気に5倍以上も延長されます。働く女性にとっては、「妊活革命」とも言える出来事でしょう。なお、 35歳未満で凍結された卵子の場合、出産に至るのは27%、35歳以上の場合は13%とされています。

9/7 『“35歳以上婚”における「子作り」のリアル』というネット記事を見ました。子どもを作ることを考えるならば、35歳以上での新婚は晩婚とも言えるようです。

9/8 マウスのES細胞(胚性幹細胞)を使い、試験管内で精子を作ることに成功したと、京都大の研究チームが発表しました。制御不能な科学は人類を滅ぼすこともありますが、無精子症と診断された人とっては希望となるニュースです。

9/9 夫婦の精子と卵子のどちらにも不妊の要因がある場合、卵子ドナーの提供卵子と精子ドナーの提供精子で妊娠を望む方もいます。『未来かなえ』では、そうしたご相談にも応じています。

9/10 一般社団法人「こどまっぷ」で、子どもを望むLGBTQ+カップルをサポートされています。同性カップルが日本で子どもを迎える方法(主に「養育里親」、「友情結婚」、「ステップファミリー」の3つ)や、精子提供の現状、提供精子を用いた人工授精を受け入れてくれる病院などが紹介されています。是非、こちらのWEBニュース『精子提供の現状は?同性カップルが日本で子どもを迎える方法』を見ていただければ幸いです。

9/11 特別養子縁組は、二人目不妊の場合の選択肢になります。心の兄弟姉妹を作ってあげたいときに有効な選択肢の一つです。社会の貧困問題を解決する一助にもなるため、今更ながら素晴らしい制度だと考えています。

9/12 卵子凍結には「医学的卵子凍結」と「社会的卵子凍結」の2通りがあります。後者は、健康な女性が将来の妊娠に備えて行うもので、妊娠する能力が急激に落ちる35歳ぐらいまでに、一種の保険として考える女性もも増えています。20代の若いうちに30個ぐらいの卵子を保存できれば、一定安心なようです。

9/13 卵子凍結のクリニック選びのポイントは、採卵できる卵子の数が多い「高刺激採卵」の実績があるかどうか、技術力のある医師がいるかどうかで見分けた方がよいそうです。

9/14 40代男性の頻度は5日に1回がベストと言われています。それには、男性ホルモンである「テストステロン」の作用といった科学的根拠もあるようです。一方で、ムーニーの公式サイトでは「禁欲すると古い精子がたまり、精液全体の質が下がるため、禁欲はやめたほうがいい。」といった紹介もされています。精子ドナーは、妊娠に有利かどうかで判断する必要があります。

9/15 宇宙で6年保存した“フリーズドライ精子”からマウス誕生したというニュースがあります。人類が月面基地やスペースコロニーなどで永住する時代に重要となる、保存精子を使った宇宙での人工授精の可能性が拓けたようです。

9/16 理論上は「ES細胞(どのような細胞にもなれる元の細胞)」で女性同士の子どもが出産可能なようです。技術的には可能でも、人類滅亡の危機のようなことが起きなければ、倫理的な問題からヒトへの応用は考えない方がよいかもしれません。

9/17 中国で、ゲノム編集技術により遺伝子改変したヒト受精卵から双子が誕生しています。親が望む特性を子に与える「デザイナーベビー」には、科学者でさえも強い懸念を示しています。

9/18 ご新規様に提供させていただきました。台風が気がかりでしたが、予想外の好天に恵まれ、無事に提供できました。この幸運のもと、子宝に恵まれることを心から祈っています。しっかりとしたお考えをお持ちの素晴らしいご夫婦なので、しっかりとお手伝いをしてまいりたいと考えています。

9/19 少子化白書(2021)では、意識調査の結果、不妊治療を「受けにくい」と答えた男女が4割超であったことを公表しています。フランス、ドイツ、スウェーデンは1割程度なので、日本は欧州より突出して高くなっています。

9/20 LGBTQを理解できないという立場も多様性の1つです。理解できない人でも、できないなりのしっかりとした理由や思い入れ、広い意味での愛があればよいのかもしれません。ただ、LGBTQの就職や実生活でどんな困難があるのか、理解するための情報が不足しているようにも思えます。

9/21 ご新規様とオンライン(リモート)で面談を行いました。これまで、面談と言えば駅前のカフェ利用(リアル)でしたが、対面に比べると時間もかからないため、依頼者が複数いらっしゃる場合やお店が閉まっている夜遅い時間などに利用するには、とても便利なツールだと思いました。

9/22 2021年9月14日(火)のNHKクローズアップ現代で『それでも子どもをもちたい、広がるSNS精子提供』と題して、精子提供の特集番組が放送されました。おなじみの精子ドナー(和人さん)が登場し、毎回のように精子提供サイトが中傷されますが、社会的認識も広がり、徐々に闇から光的な扱いに変わってきていると感じています。

9/23 新規の依頼がありましたが、精子提供の条件として個人情報の開示を求められたため、お断りせざるを得ませんでした。出産後や子供から出自を知りたいとの求めがあれば開示は可能ですが、精子提供前の信頼関係を築けていない段階で、氏名・生年月日・会社・住所などの個人情報を開示すると、後々トラブルになる可能性があると考えています。オープンな考えで、精子提供にマイナスのイメージは持っていませんが、子供を守るという観点を最も大切にしなければなりません。