精子提供・妊活支援 | 関西
(精子ドナー・精子バンク)

未来かなえ

 思い描いた人生に向け、一歩を踏み出してみませんか?
 心から赤ちゃんを望まれる方に、信頼と実績を基にした、最大限のご支援をいたします☆
 主に関西で、ご依頼に応じて、妊娠しやすい日に精子をお届けしています。
 
赤ちゃんを出産された際には、育児にかかる初期費用として一定金額を支援いたします(期間限定)。

未来かなえ☆とは...

 主に関西(大阪、京都、兵庫(神戸)、滋賀、奈良、和歌山)で、ボランティアによる精子提供をはじめとした妊活支援を行っています。
 男性不妊でお悩みのご夫婦や、同性・異性カップル(LGBT、GID、FTM、レズビアン、トランスジェンダーなどのカップル)、選択的シングルマザーをご希望の方などに、精子ドナーとして、ボランティア(無償)により精子を提供しています。個人精子バンクのメリットを生かして、妊娠しやすい日(排卵予定日)にスピーディーに、新鮮で良質な精子をお届けいたします。
 心から赤ちゃんを望み、子どものことを最優先に考え、育てていける環境がある方でしたら、できる限りの支援をいたします。これまで提供させていただいた方の多くが半年以内で妊娠されていますが、妊娠という結果ありきではなく、ご希望に寄り添うことが大切だと考えています。
 最初は抵抗感もあるかと思いますが、精子提供により赤ちゃんを授かることは正しい選択の一つです。女性には子どもを産む権利もあります。堂々と、そして安心して楽しくチャレンジしていただき『心から幸せになってほしい』ただそれを願うばかりです。きっと明るい未来がやってくると信じながら、そして、あなたの未来を明るく照らす希望の光となれるよう、誠意をもって精一杯サポートいたします。
 ほかの精子ドナーさんから提供を受けたけれどなかなか結果が出ない。そんなセカンドオピニオン的なご相談にも応じています。妊活に関する様々なアドバイスや、妊娠・出産後サポートなどの支援も個別に行っています。まずは、お気軽にお問い合わせください!

活動のきっかけ

 学生時代、ボランティアサークルに所属し、献血活動や老人福祉活動など様々なボランティアを行っていました。社会人になって間もない頃、白血病で大切な人を亡くしたことから、命の尊さを知り、骨髄バンクへのドナー登録を検討している中で、2014年にNHKの「徹底追跡 精子提供サイト」という番組を見て、精子ドナーであれば、責任を持った支援ができると感じました。

 最近では、多様性のある社会の実現に向けた仕事に関わる中で、国内において精子バンクの施設が整うまでは、LGBT等でパートナーとの子どもを望まれる女性が妊娠期を逃してしまうことにならないよう、個人精子提供ドナーによるフォローが欠かせないと認識しました。

 30代女性の未婚率は1990年の10.4%から2000年20.4%、2010年には27.8%と上昇が続く中で、精子バンクを使って未婚のまま子どもを欲しい人、同性同士で結婚して子どもを欲しい人など、できるだけ多くの生き方を認め、個人が自由な選択をとれる柔軟な社会になることこそ、重要だと思います。しかしながら、海外の精子バンクで提供を受けようとすると、費用的・時間的な負担も大きくなり、ドナーの特徴や幼少期の写真は見ることができても、実際に面会してその人となりを知ることは叶いません。

 また、これまで10年以上、赤ちゃんを授かりたくても授かることができず、先の見えない不安の中でつらい思いをされる方々を間近で見てきました。しかし、だからこそ赤ちゃんを授かった時にその分の大きな喜びがあること、その喜びが子どもに愛情として注がれることになることも知りました。

 赤ちゃんを望まれる方に寄り添い、女性と日本の未来のために、少しでもお役に立てればと思い活動をはじめました。

ニュース&お知らせ

『人間は、生涯で何人まで子供をつくれるのか?』

『人間は、生涯で何人まで子供をつくれるのか?』  以前に、150人の子供をもつ男性がいるというニュースを紹介しましたが、今回はそれを遥かに上回る1171人の子供をもうけた男性がいたというニュースを見ましたので、以下、転記… 続きを読む »『人間は、生涯で何人まで子供をつくれるのか?』

『5.5組に1組が受けている“不妊治療”の問題点』

『5.5組に1組が受けている“不妊治療”の問題点』  信州大学特任准教授の山口真由さんが“不妊治療”の問題点について述べた記事がありますので、以下、転記によりご紹介します。  ◆高額で女性負担大の不妊治療  不妊治療の経… 続きを読む »『5.5組に1組が受けている“不妊治療”の問題点』

『16人に1人が体外受精児 “過去最多”進む不妊治療』

『16人に1人が体外受精児 “過去最多”進む不妊治療』  16人に1人の赤ちゃんが体外受精で生まれたことが分かりました。  日本産科婦人科学会によると、2018年に体外受精で生まれた赤ちゃんは5万6979人で、過去最多を… 続きを読む »『16人に1人が体外受精児 “過去最多”進む不妊治療』

依頼者様からのメッセージ

たくさんの方からご妊娠・ご出産のお喜びの声を頂戴しております。ほんの一例になりますがご紹介させていただきます。

IMG_2868 – コピー

T.K 様

T.K 様

(ご出産の折にて)
お久しぶりです。
予定日は〇月〇日だったのですが、少し早まって本日〇月〇日に無事出産しました。
〇〇〇〇グラムの女の子です。
新しい命を授かることができ、産まれた瞬間感動が溢れました。
本当にありがとうございました。感謝しております。
大事に育てていきたいと思います。

よもやま話

ドナーの日記(2021年3月)

『R3.2月の日記』

3/1 LGBTの人権に関しても、日本は先進国の中で断トツの最下位に沈んでいます。同性婚やそれに準ずるパートナーシップ制度が国レベルで整備されていないのは、主要7カ国(G7)の中では日本です。同性しか好きになれなかったり、体は女性でも心は男性といった心と体の性が一致しなかったりという理由だけで、人と同じように幸せになる権利を合法的に奪われるのは、先進国の中では日本だけです。早急に、同性婚を国の法律で認め、子どもを産み育てる権利が保障されるよう政府公認の国内精子バンクを整備すべきです。

3/2 少子高齢化対策・男女共同参画の観点から、野田聖子議員は「法律婚でなければ不妊治療の助成も受けられない。そういう“縛り”を無くしていきたい」と語っています。不妊治療も税金を使う以上は法律婚でなければならないといった固い縛りがある一方、フランスでは、法律婚以外のカップルの間に産まれた子どもの権利を認めるようなり、例えば後藤久美子さんとレーサーのジャン・アレジさんは事実婚だと紹介されています。また、妊娠・出産で空白ができてしまう女性は男性に比べて差をつけられてしまいやすいから“女性は非正規に”ということにされ、その結果が今に繋がっているそうです。男女に限らず、産休・育休のために出世ができなくなるような空気があるとしたら、妊娠・出産がハッピーなことではなくリスクだと捉えられてしまうため、例えば夫婦が4時間ずつ働けるようになるとか、発想を変えていくことが必要だと提案しています。反対意見は、“家族の一体感がなくなってしまう”という主張と、“子どもがかわいそう”という主張が主なものだそうです。国民の声を代弁するはずの議員が、自民党では9割も男性だったということも関係しており、名字を変えるということを考えなくても済んでしまう側の男性が大多数で、賛成・反対以前に関心がないという状況だったそうです。これからは、10代、20代の人たちの将来にとって何がハッピーなのかという結論を出していく必要があるようです。

3/3 公園の梅の花を見るたびに、春はもうそこまで来ていると感じる今日この頃です。暖かい日が増え、ミモザやスイセンなど可愛らしい姿を見る楽しみがふえてまいりました。カクテルの「ミモザ」の由来も、淡く憐な黄色い花のミモザにちなんでいるそうです。

3/4 連日の提供となると精液量が少なくならないかご不安もあるかもしれませんが、精液が新鮮な分、精子の質は良くなりますのでご安心ください。これまでの経験から、妊娠に大事な要素は、精子の量ではなく質だと実感しています。