『R3.5月の日記』

5/1 昨年にも増して今年はゴールデンな感じがしないゴールデンウィークです。職場ではゴールデンウィーク前後の休暇取得を奨励していますが、なんだかなぁという感じです。分散して長期休暇が取れるといいのですけどね。

5/2 緊急事態宣言下のゴールデンウィーク中でも、妊活は不要不急ではなく必要至急ということで、精子提供のご依頼にはお応えしています。1年前の緊急事態宣言より人出は遥かに多いですが、駅や電車内の人も思ったより少な目で安心しています。とはいえ、平日並みの人出はありますので、十分に気を付けなければなりません。

5/3 新幹線で精子提供に行ってきました。青空の下、車窓から見える山々のみずみずしい緑や青葉が目に眩しく、心が洗われた一日でした。

5/4 依頼者になりすまし、精子ドナーを騙そうとする悪質な方もいますが、これまでの経験から、メールでのやりとりで本気か冷やかしか直ぐに見分けがつきます。待ち合わせ場所に現れず、メールも音信不通にしてしまう、そのような釣りの手口には引っ掛かりません。精子提供活動をからかう暇があるなら、育児のお手伝いでもされながら社会貢献を行ってほしいものです。

5/5 シッター・ナニー募集掲示板」というサイトがあるのを知りました。子育て・お仕事で忙しいお父さん、お母さんに少しでもゆとりと安心をサポートすることが目的のようですが、「格安にて赤ちゃん預かります」といった不安なスレッドがあります…。

5/6 アモーレ婚の平愛梨さん(36)が第3子を出産され、3男児のママになられました。フォワードとディフェンダーとキーパーで夢の兄弟サッカーができそうです。2017年に結婚を発表されて、4年間で3人も出産されており、ものすごいスピードです。出産後1年以内に次の子を妊娠されているので、第4子、第5子も希望されているのでしょう。平愛梨さんご自身が6人兄弟姉妹なので、第6子を目標にされているのかもしれません。

5/7 西アフリカのマリ人女性ハリマ・シセさん(25)が九つ子出産し、母子共に健康というニュースを目にしました。マリ政府は、女児5人と男児4人を帝王切開で出産したと発表していますが、ウィキペディアによると、出生時点で全員が生存していた最大多胎数の記録は八胎とされていますので、歴代史上最高の多胎児かもしれません。こんなファンタジックなことが起こるのだと生命の神秘をあらためて感じさせられました。どうか順調に成長してくれることを祈りたいと思います。

5/8 少し驚きのニュースですが、「正常な生理が来ている20代はたったの1割!」とも言われているようです。生理の量が変だったり不順だったり、何かしらの問題を抱えた状態では、妊娠はかなり難しくなるそうです。妊娠を望んだ際には、不妊につながる病気が隠れていることがないか、予防の観点で婦人科を受診していただけたらと思います。

5/9 子どもへの告知について、精子ドナーとしてあらためて資料に目を通し考えてみました。個人的には、子どもが面会を希望したら、精子ドナーの責務として誠実に対応すべきだと考えており、そもそも、将来子どもと会う用意のある人だけが精子提供を行うべきと考えています。ご夫婦が、あなた(赤ちゃん)が生まれてくることを切望されていたこと、大事に育てるための方法を真剣に考えられていたことなど伝えたいと思います。また、将来的には、精子提供の環境も整備され、いわゆる「出自を知る権利」については議論も進み、告知というものが社会的に一般化することを願っています。

5/10 不特定多数のドナー登録者がいるマッチングサイトでは、利用者と提供者(精子ドナー)との間で、同意書の取り交わしを精子提供の条件にすべきだと考えています。サイトの管理人が同意書の様式(雛形)をサイトに掲載し、同意事項は双方の話し合いで決めるという形式がベターです。出産後の将来的なことも想定して、お互いに確認し合い、しっかりと文書で残しておくことで、未然にトラブルを防止でき、生まれてくる子ども含め双方の安心や幸せにつながるのでしょうか。

5/11 「1252プロジェクト」をご存知でしょうか。1252の数字は、女性アスリートにとって1年間(52週)のうち、約12週は生理による不調を感じる期間があることを意味しています。ひとりひとりが自分の周期やベストコンディションを知ったり、生理に対する正しい知識を得る・相談できる場をつくることで、女性アスリートがもっと自分らしく競技と向き合える環境をサポートしようとする取組です。また、女性アスリートも競技を引退し、いざ子どもが欲しくなった時、自身の身体の不調が原因で不妊に直面することも多いことから、事前に生理の知識がなかったばかりに…と、後々後悔するようなことのないようにしようとする取組でもあります。

5/12 「自然に妊娠できる確率」は実は思っているほど高くありません。手遅れにならないためにも、30歳を過ぎれば不妊クリニックで検査を受けることが大切になってきます。年齢別の自然妊娠確率についてはこちらをご覧ください。