『R3.10月の日記』

10/1 キャリアを追う女性が集まる都市、ニューヨークのマンハッタンでは、全米の中でも40~44歳での出産が一番多いそうです。体外受精1回で270万円ほどかかるようですが、保険の種類によっては費用がカバーされることもあり、セレブリティ以外にも体外受精で子どもを持つ選択ができると言われています。

10/2 生理は体の「赤ちゃんを迎える準備」と言いますが、ママとなるためには、心の「赤ちゃんを迎える準備」も必要です。

10/3 赤ちゃんが誕生した際には「ベビーシャワー」を提案したいと思っています。ドナーとして、直接、祝福の気持ちを伝え、今後について話し合える良い機会になれば幸いです。

10/4 タレントの鈴木ちなみさんが、第1子を出産されたしました。先日、妊娠されたばかりだと思っていたら、早くももう出産です。妊活中は一日一日が長く感じられますが、マタニティライフはあっという間のようです。話が逸れましたが、朗らかな性格の方のようなので、とても良いママになられると思います。

10/5 日本人がノーベル物理学賞を受賞しました。一方で、若い世代ではノーベル賞候補となる研究者がいないとも言われています。そう考えると、今の70~90代の研究者の努力はすさまじかったのだと思います。それ以上に、多くの子どもを産み育てた今の100歳以上の方を称賛すべきなのかもしれません。

10/6 「“35歳以上婚”における「子作り」のリアル」というサイトを見ました。子どもを作ることを考えるならば、35歳以上での新婚は晩婚とも言えるようです。

10/7 40代では子どもが授かれないこともありますが、妊活に精一杯トライしたからこそ、結果をポジティブに受け止めることができるようになります。子どもがいたら人生は楽しくなるかもしれませんが、悠々自適に夫婦ふたりで過ごす人生も楽しいものです。社会貢献としての子育てもできます。例え血は繋がっていなくても、その人の精神は歴史に刻まれ、レガシーとして次の世代に受け継がれていきます。

10/8 妊活には東洋医学も有効だと言われています。食養生、漢方、鍼、灸などによる体質改善で、AMHやFSHの数値が改善することもあります。

10/9 「出自知る権利意識」高まりにより、精子の提供者不足が深刻化しているというニュースが未だに流れていますが、精子提供マッチングサイトが台頭した今、盛況な個人間取引によりこの問題は解消されています。

10/10 シングルマザーになると決意できる条件としては、「男性とよい関係を築けそうにない」、「自身に安定した職がある」、「家がある」、「頼れる家族がいる」、「自立心旺盛な性格である」、そして最後に「信頼できる精子提供者がいる」といったことが挙げられます。女性は子供を産める年齢に限りがあり、子供は欲しいけど適齢期に結婚したい相手がいない人もたくさんいます。また、両親が揃ってるから子供が幸せとも限りません。1人での子育ては大変ですが、その分大きな喜びを与えてくれます。精子ドナーと事前にきちんと取り決めができて、子どもを幸せにするように努力できれば、社会的に受け入れられるべき選択だと考えています。

10/11 面談無しで精子提供を希望される方もいらっしゃいます。精子ドナーの顔を見ると、子どもが生まれた時の心境がどうなるか分からずに不安ということが主な理由です。男性より女性が多いですが、ドナーとしては、どちからお一人にお会いしてやりとりのお話できればよいので、会う会わないは依頼者様のお気持ちを優先しています。

10/12 世界的ニュースとなった世界初“10つ子”出産のニュースは嘘だったようです。海外メディア(特に発展途上国)の情報は鵜呑みにしてはいけません。

10/13 海外に、1年ちょっとで子供20人を代理出産で授かった23歳の女性がいます。代理出産にかかった費用は約1500万円、16人のナニーが子育てをサポートしているそうです。「子供は100人欲しい」と明かしていることから、まだまだ家族が増えるのかもしれません。

10/14 インドで38人の妻と89人の子どもをもち、「世界最大の一家」の当主だったとされる男性が死去したというニュースが流れました。一夫多妻制はインドの刑法で禁止されていますが、部族社会の一夫多妻の罪は問われないこともあるそうです。

10/15 キユーピーが、卵不使用の「卵商品」を開発しています。卵アレルギーを持つ子どもの親は助かることもあると思います。誕生日ケーキなどへの応用も期待したいものです。

10/16 「クロミッド」と「レトロゾール」の違いについて勉強しました。同じ排卵誘発のお薬ですが、症状に応じて使い分けられています。

10/17 急に肌寒くなってまいりました。精子の持ち運び時間が長い方は、保温容器をご用意いただいた方がよいかもしれません。