『R4.1月の日記』

1/1 新たな年が始まりました。子供を望むために残された時間は多くない、夫は無精子症と診断されたものの妻の遺伝子だけでも受け継いだ子供が欲しい。そんなご夫婦や母になりたい女性に寄り添い、少しでも力になりたいと思っています。

1/2 日本産婦人科学会では営利目的での精子提供に関与することを医師に禁じている一方で、海外精子バンクが日本へ進出して来ています。日本にも精子バンクは存在していますが、限られた人にしか利用できず、また、昨今の子供の知る権利を拡充する動きなどから精子提供者が減少しており、実質的に非配偶者間での治療はできない状況です。正々堂々と子供を望む人の救いの手になるよう、政府と学会は早々に、金銭授受や子供の知る権利の保障など、心理的、倫理的、福祉面での課題に折り合いをつけ、しっかりとしたルールに基づき精子提供サイトが運営されるべきだと考えています。

1/3 不妊治療を続けても難しい場合の選択肢として「卵子提供」があります。その実情と課題はどのようなものがあるでしょうか。採卵を試みたものの1個の卵子すら採れないなど、年齢、これまでの治療経過、卵巣機能を総合的に判断し、治療を継続しても妊娠を見込める可能性が極めて低い場合に、選択肢の一つとなります。最近では日本にも卵子提供を仲介する業者(エージェント)が存在し、国内でも日本人女性ドナーから採取した卵子を用いた卵子提供を受けられる医療機関も出てきています。生殖医療民法特例法という法律で、親子関係については、第三者から卵子を受けて妊娠・出産した場合、出産した女性を母親、夫の同意を得て夫以外から精子の提供を受けて生まれた子供は夫を父親とすることとなっています。日本でも提供配偶子による生殖医療はますます増えていくと予測されますが、課題としては、子どもの「出自を知る権利」がしっかりと担保されるかどうかです。われわれ精子ドナーとしても「生まれてくる子供の福祉」を十分に考えて、支援して行く必要があります。詳しくは、こちらをご覧ください。

1/4 日本が不妊大国になった理由の一つとして、日本人には不妊に対して無知な人が多いことが指摘されています。今の日本の性教育が、「避妊」に重きを置いているためですが、「不妊」についても情報を発信しなければなりません。

1/5 男性には「逆行性射精」という射精障害など、性欲、勃起、射精、オルガスムのいずれかの要素で性機能障害を抱えている方も多いようです。

1/6 2021年9月14日(火)にNHKのクローズアップ現代で放送された『それでも子どもをもちたい広がるSNS精子提供』の内容が公開されています。そのに出演されてる作家・川上未映子さんの『放送後の未公開トーク』も見ることができます。ちなみに、川上未映子さんは、精子提供で子どもをもとうとする女性の葛藤を描いた「夏物語」の著者です。
 
(関連記事)
2021年9月10日 午前11:52 公開『SNS上で広がる「精子提供」なぜ利用?リスクは?
2021年9月14日 午後0:03 公開『SNS上で広がる「精子提供」法律でどう整備?課題は?

1/7 「夏物語」は精子提供による出産を題材にした物語です。読者のレビューでは様々な意見がありますが、既成の家族観や倫理観だけでなく、新たな形があることとについて考えさせられる秀逸な小説だと思います。

1/8 妊娠がわかると、お腹の中の赤ちゃんの成長や出産への不安も大きくなりますが、いわゆるマタニティーハイで乗り切ることができるそうです。ママが元気であれば、赤ちゃんも元気だと信じてあげていただければと思います。

1/9 【出産報告のお願い】「未来かなえ」にて精子提供を受けられ、ご出産された方には、生年月日、出生体重・身長、写真(1枚程度)、名前(ファーストネーム)のご報告をお願いしています(※あくまでも、任意です。)。遠い将来、私がご提供させていただいた方からの近親婚に対する問い合わせに備えるためです。生年月日とお名前を確認させていただくことで、近親婚のリスクを回避できることもあると考えています。赤ちゃんのお写真は私自身が拝見させていただきたいだけのものになります。ご提供いただいた情報は「未来かなえ」にて厳重に保管し、個人が特定できない状態にいたしますのでご安心ください。

1/10 体外受精で得られた受精卵の染色体の数を全て調べ、問題のないものを子宮に戻す「着床前検査」について、日本産科婦人科学会は、不妊治療の一環として4月に開始することを正式に決定しました。対象者は、①流産や死産を2回以上経験、②体外受精が2回以上失敗、③夫か妻に染色体の構造異常がある、のいずれかに該当する夫婦に限定されます。着床前検査では、流産や不妊につながる染色体異常がない受精卵を選んで戻すため「命の選別」になるとの批判もあり、障害者団体などは慎重な運用を求めているようですが、本当にそうなのでしょうか。

1/11 体外受精が保険適用になるのは良いことですが、某クリニックでは1回35万円だったのが50万円に値上がりしています。それでも、殺到することを見込んで強気の値段設定なのでしょうか。

1/12 体外受精等の保険適用対象となる医療費が値上げされると国の狙いが外れるばかりか、税金で病院の私腹を肥やすことになり、そして何より本当に治療が必要な人が治療を受けられなくなるだけです。これでは少子高齢化対策として国の思い描く政策は実現せず、本末転倒のような気もしています。

1/13 体外受精を保険適用となる4月まで待っている人も多く、コロナ禍で受け入れを制限する病院もあります。医師はすぐに増えない中で、予約すら取れなくなることを懸念しています。

1/14 卵子提供や精子提供の告知については、子供が2歳や3歳、4歳でも理解したり興味を持ったりするケースがあるようです。容姿については、卵子提供や精子提供で産まれた子供でも、子供が成人するまでの長い年月(24時間×365日×20年)を一緒に暮らしていると、どんな親子でも似てきてしますそうです。詳しくは、こちら『子供の感じ方は最大限に尊重したい』をご覧ください。

1/15 台湾の卵子提供で二度目の妊娠』という日本人ワーキング女性のパワフルな妊活体験記を見ましたが、子供を持つには色々な選択肢があり、どの方法が幸せかは人それぞれなのだと考えさせられました。 

1/16 男性から精子提供を受けた女性が、男性が国籍や学歴を偽っていたとして提訴しました。損害賠償請求額は「3億円」ということですが、夫に内緒で性交渉による提供を受けていた可能性があることや、出産した子供を施設に預けているということを考えると、どっちもどっちというか、やるせない気持ちになります。ちなみに、学歴詐称は詐欺で、精子提供に限らない問題です。例外的な問題を精子提供にかこつけてニュースにし、精子提供マッチングを批判しようとするのは、誠実かつ健全に活動されているドナーに対して迷惑を掛けることになります。