『R6.7月の日記』

7/1 妊娠前だからこそ、さまざまな“if”を考えてみるプレコンセプションケア(妊娠前の健康管理)がとても重要です。

7/2 宇都宮市の病院が、クラウドファンディングで、受精卵を育てる機器など不妊治療に必要な機器を購入する資金を募ります。地域住民からの経済的な支援により、子どもができない方のお手伝いをするという仕組みは素晴らしいと思います。

7/3 「もし悪い結果が出たら希望がなくなる」という理由で、ブライダルチェックを躊躇される方がいますが、検査によって原因がわかれば、それぞれに応じた治療を系統立てて行えるため、早く検査した方が良いという考えもあります。

7/4 平均年金額は若い世代ほど高くなる試算が出ています。子どもを望む方々にとって、朗報ではないでしょうか。

7/5 流産を2回繰り返すことを不育症と呼ばれており、その確率は1%程度とされています。不育症の治療は分かっていないことが多いため、豊富な治療実績がある医療機関を受診することが肝要です。

7/6 夢への挑戦やキャリアアップを目指す若い女性たちの間で、「卵子凍結どうしよう」というのが話題になっているようです。卵子凍結には賛否両論ありますが、妊娠・出産のタイミングを周りと共有でき、真剣に考えるきっかけになっていることは評価できます。

7/7 七夕に面談がありました。どうか願いごとが叶い、可愛い赤ちゃんを授かれますように☆

7/8 決して無理はしないけれどあきらめる事もしない。妊活に当たり、大事な心構えかもしれません。

7/9 卵子提供と代理母に5800万円かけて3児のシングルファーザーになったカナダ人男性が話題になっています。エゴイストや人身売買という批判もありますが、本人、ドナー、代理母、子供のみんなが幸せになれるのならアリという肯定的なコメントもあります。 (参考)『卵子提供、代理母に5800万円かけて3児の父に…! 夢を叶えたシングルファーザーが話題 「とても力強く感動的」

7/10 アメリカでは精子・卵子ドナーが介入して生まれる子どもは毎年3万~6万人いると言われています。

7/11 2010年から不妊治療を開始し、2015年に、9回目の人工授精で三つ子を授かった日本人女性がいます。長年待ち望んでいた赤ちゃんに、しかも、3人一度に対面できたときの感動は想像できないものがあります。

7/12 国連は、今世紀中に世界人口が減少に転じると予測しています。2080年代に約103億人のピークを迎え、以降は徐々に減少するようです。ただし、技術開発により、食料生産、住宅供給、医療教育環境を自動化、無料化すれば、人口は増えると考えています。

7/13 「結婚したくない、子どもを欲しない現代人」といった話も聞かれますが、一方で、不妊治療の件数は増加傾向にあり、切実に子どもを望みながらも妊娠に至っていないカップルも存在します。後悔先に立たず。「もっと早くに病院を受診しておけばよかった」など、妊娠できなかったときに始めて後悔することもありますが、いざというときは卵子提供という方法もあります。

7/14 命を紡ぐボランティアをしている者として、安楽死は、とても関心があるテーマの一つです。