精子提供・妊活支援 | 関西
(精子ドナー・精子バンク)

未来かなえ

 思い描いた人生に向け、一歩を踏み出してみませんか?
 心から赤ちゃんを望まれる方に、信頼と実績を基にした、最大限のご支援をいたします☆
 主に関西で、ご依頼に応じて、妊娠しやすい日に新鮮で良質な精子をお届けしています。
 
赤ちゃんを出産された際には、育児にかかる初期費用として一定金額を支援しています(人数限定)。

 本サイトに掲載していない内容については、メールや面談にてお答えしています。
 まずは、お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。

未来かなえ☆とは...
(精子提供・妊活支援)

 主に関西(大阪、京都、兵庫(神戸)、滋賀、奈良、和歌山)やその近郊(新幹線で1時間程度の範囲)で、ボランティアによる精子提供をはじめとした妊活支援を行っています。
 男性不妊でお悩みのご夫婦や、同性・異性カップル(LGBT、GID、FTM、レズビアン、トランスジェンダーなどのカップル)、選択的シングルマザーをご希望の方などに、精子ドナーとして、ボランティア(無償)により精子を提供しています。個人精子バンクのメリットを生かして、妊娠しやすい日(排卵予定日)に、いち早くスピーディーに、新鮮で良質な精子をお届けいたします。
 心から赤ちゃんを望み、子どものことを最優先に考え、育てていける環境がおありの方でしたら、できる限りの支援をいたします。これまで提供させていただいた方の多くが半年以内で妊娠されていますが、妊娠という結果ありきではなく、ご希望に寄り添うことが大切だと考えています。
 最初は抵抗感などの複雑な感情も抱かれると思いますが、お子様の望まれる気持ちは清く尊く美しく、精子提供により赤ちゃんを授かることは正しい選択の一つです。女性には子どもを産む権利もあります。堂々と、安心して、そして楽しくチャレンジしてください。
 妊活・妊娠・マタニティライフ・出産・育児を通して『子どもの笑顔に囲まれた幸せな人生を送ってほしい。』ただただ、心からそう願うばかりです。きっと明るい未来がやってくると信じながら、そして、あなたの未来を明るく照らす希望の光となれるよう、誠意をもって精一杯サポートいたします。
 他の精子ドナーさんから提供を受けたけれどなかなか結果が出ない。そのような場合のセカンドオピニオンとしてのご相談にも応じています。妊活に関する様々なアドバイスや、妊娠・出産後の支援も個別に行っています。
 まずは、お気軽にお問い合わせください!

活動のきっかけ

 学生時代、ボランティアサークルに所属し、献血活動や老人福祉活動など様々なボランティアを行っていました。社会人になって間もない頃、白血病で大切な人を亡くしたことから、命の尊さを知り、骨髄バンクへのドナー登録を検討している中で、2014年にNHKの「徹底追跡 精子提供サイト」という番組を見て、精子ドナーであれば、責任を持った支援ができると感じました。

 最近では、多様性のある社会の実現に向けた仕事に関わる中で、国内において精子バンクの施設が整うまでは、LGBT等でパートナーとの子どもを望まれる女性が妊娠期を逃してしまうことにならないよう、個人精子提供ドナーによるフォローが欠かせないと認識しました。

 30代女性の未婚率は1990年の10.4%から2000年20.4%、2010年には27.8%と上昇が続く中で、精子バンクを使って未婚のまま子どもを欲しい人、同性同士で結婚して子どもを欲しい人など、できるだけ多くの生き方を認め、個人が自由な選択をとれる柔軟な社会になることこそ、重要だと思います。しかしながら、海外の精子バンクで提供を受けようとすると、費用的・時間的な負担も大きくなり、ドナーの特徴や幼少期の写真は見ることができても、実際に面会してその人となりを知ることは叶いません。

 また、これまで10年以上、赤ちゃんを授かりたくても授かることができず、先の見えない不安の中でつらい思いをされる方々を間近で見てきました。しかし、だからこそ赤ちゃんを授かった時にその分の大きな喜びがあること、その喜びが子どもに愛情として注がれることになることも知りました。

 赤ちゃんを望まれる方に寄り添い、女性と日本の未来のために、少しでもお役に立てればと思い活動をはじめました。

ニュース&お知らせ

『人間は、生涯で何人まで子供をつくれるのか?』

『人間は、生涯で何人まで子供をつくれるのか?』  以前に、150人の子供をもつ男性がいるというニュースを紹介しましたが、今回はそれを遥かに上回る1171人の子供をもうけた男性がいたというニュースを見ましたので、以下、転記… 続きを読む »『人間は、生涯で何人まで子供をつくれるのか?』

『5.5組に1組が受けている“不妊治療”の問題点』

『5.5組に1組が受けている“不妊治療”の問題点』  信州大学特任准教授の山口真由さんが“不妊治療”の問題点について述べた記事がありますので、以下、転記によりご紹介します。  ◆高額で女性負担大の不妊治療  不妊治療の経… 続きを読む »『5.5組に1組が受けている“不妊治療”の問題点』

『16人に1人が体外受精児 “過去最多”進む不妊治療』

『16人に1人が体外受精児 “過去最多”進む不妊治療』  16人に1人の赤ちゃんが体外受精で生まれたことが分かりました。  日本産科婦人科学会によると、2018年に体外受精で生まれた赤ちゃんは5万6979人で、過去最多を… 続きを読む »『16人に1人が体外受精児 “過去最多”進む不妊治療』

精子提供・妊活支援
依頼者様からのメッセージ

たくさんの方からご妊娠・ご出産のお喜びの声を頂戴しております。ほんの一例になりますがご紹介させていただきます。

IMG_2868 – コピー

Y.M 様

Y.M 様

(ご出産の折にて)

〇/〇の〇時過ぎに女の子を出産しました。
赤ちゃんは元気です。

未来かなえ様、本当にありがとうございました。
元気な赤ちゃんが誕生して嬉しいです。

未来かなえ様の深い懐で受け入れて下さったお陰で、願い叶って、元気で愛らしい我が子を授かりました事、心より感謝申し上げます。
小さな小さな命輝く我が子を胸に抱く事ができ、この上ない幸せで身体中が満ちたりております。

母乳も早々に出て、赤ちゃんも母乳を吸ってくれているので、この上ない幸せです。
本当にありがとうございます。

未来かなえ様のお陰で、本当に幸せです。
人生最大の喜びを与えていただいた事、深く感謝申し上げます。本当にありがとうございます。

ホームページへの掲載もよろしくお願いします。私の事例がどなたかの希望になれば幸いです。

よもやま話

ドナーの日記(2024年6月)

『R6.6月の日記』

6/1 ここ数年、女性特有の健康課題を技術を用いて解決する「フェムテック」や、女性の悩みに寄り添う「フェムケア」の商品・サービスが多様化しています。

6/2 化粧品などを手がける「アンファー」は、妊活中の男性に必要な栄養素を含んだ健康食品を開発しました。亜鉛や葉酸などを配合し、プロテインやみそ汁などの調理に使える出汁(だし)という形で商品化しています。

6/3 厚生労働省が、全国にある出産施設(約2000施設)の費用が分かる特設ウェブサイト『出産なび』を開設しました。費用の「見える化」で簡単に相見積もりができるようです。

6/4 宮崎市はLINEでの妊活サポート事業を開始しました。不妊治療経験者は「不妊治療に負(病気)のイメージがあること」、産婦人科医は「不妊治療を始める年齢が遅いこと」が問題だと指摘しています。

6/5 改正子育て支援法が成立しました。児童手当が高校生まで支給対象となり、第3子以降は3万円に倍増します。増税等への批判もある中で、政府はどのくらい少子化が改善するか示すことが大事です。

6/6 2023年の日本の合計特殊出生率が過去最低の1.20となりました。東京都は0.99と初の「1」を割り込みました。ただし、上智大学の中里透准教授の以下の論考では、女性人口千人当たりの出生数を確認すると、東京の都心3区(千代田区・港区・中央区)はとびぬけて出生率が高くなるようです。とはいえ、核家族化、晩婚化、共働き社会と子育ての相性が悪いのは事実でしょう。

6/7 先の見えない不妊治療は、苦行のように感じることもあります。上手く行かなくても、落ち込み過ぎず、自分を責めず、今回は縁が無かったと、穏やかな心に戻ることが大事です。心も体も、時間がゆっくりといやしてくれます。その流れに身を任せるしかありません。

6/8 元スーパーモデルのナオミ・キャンベルさん(54歳)が、自身の子供たち(3歳と1歳)が代理母出産であることを明かされました。人工子宮の技術開発が加速する予感がしています。

6/9 アメリカの俳優トリーナ・マギーさんが、54歳で第4子の妊娠を発表されました。卵子凍結や卵子提供でなければ奇跡です。ちなみに、出産年齢のギネス世界記録は、自然妊娠57歳、体外受精66歳が最高齢で、日本最高齢出産は影山百合子さんの60歳です。

6/10 『とるだけ育休の夫はいらない』という電子コミックが大きな反響を呼んでいます。

6/11 婚姻率低下や少子化の根本理由として、巨大な自由市場のなかでの恋愛の「無理ゲー」にうんざりしていることや、子育ては「タイパ」が悪いことがあるようです。(参考)『橘玲氏に聞く少子化対策「自由恋愛で『一夫一妻制』は崩壊!会社は社内結婚の斡旋を」、男性は「インセル」の懸念も

6/12 日本では今、議員連盟により、精子提供に関わる新たな法整備についての議論が進められており、子どもの出自を知る権利を完全に保障することは認めないだけでなく、レズビアンカップルやシングル女性が提供精子を使った生殖補助医療を受けることが禁止される見通しとなっています。家族観は近年大きく変わり、結婚は続かないことが往々にしてありますが、親であることに終わりはないため、いかなる形であれ、親が子どもを持つ権利(どのような形で家族をつくるか)を法律で制限すべきではないと考えています。

6/13 ある精子ドナーの経験によると、シリンジ法とタイミング法の妊娠率は、最終的にはほぼ同じ確率になるものの、提供回数当たりの妊娠率はタイミング法の方が圧倒的に高くなるそうです。そのため、依頼者のシリンジとタイミングの選択割合は5:5となっているそうです。

6/14 渋沢栄一はふたりの妻との間に7人の子どもをもうけていますが、そのうち5人を授かった最初の妻とはいとこ同士の結婚です。血縁同士の結婚だと遺伝疾患のリスクがあげられますが、全員が健常児です。いとこ同士婚の出産については、サンプル数が圧倒的に少ないため、データの数字はあまり参考になりません。

6/15 「下請け」という用語に差別的な意味合いがあるとして「パートナー」と呼ぶ動きが広がっています。「大企業」や「中小企業」という用語もしっくりきません。どの会社にもそれぞれ同じだけの大事な役割があって、売上の大小や社員の数で会社の価値や社員の幸せは図れないからです。「中小企業」も「先端企業」や「専門企業」などに変えてはどうでしょうか。

6/16 射精する度に寿命が縮むという研究結果が出ました。無償の精子提供は命を削って支援する急遽のボランティアです。(参考)『精子できなくすると寿命13%延びた…短命の魚で解明、女性が長生きの理由の一つか

6/17 発達障害の診断を受けても、これからの過ごし方や何かのきっかけで大きく変わっていく可能性があります。発達障害の診断は、適切な治療・支援を受けるためのパスポートです。いつの日か、パスポートがなくてもフライトできるようになる日が来るのかもしれません。

6/18 最新の染色体研究により、精子の数が「現代男性は祖父世代の半分以下」、「日本はフィンランド男性の2/3」という衝撃の事実が明らかになりました。

6/19 体外受精により双子を出産された元バレー日本代表の大山加奈さんが、今月に迎える残り1個の凍結胚の保存期限を延長しないことを決断されました。本当に勿体ないと思います。誰かにお裾分けできないのでしょうか。

6/20 女性の不妊は、私たちが信じている以上に複雑です。情報収集と医療機関の早期受診が肝要です。

6/21 世論調査では同性婚に賛成が過半数、G7で同性カップルに関する法的保障がないのは日本のみ、パートナーシップ制度は約8割の自治体で導入されているという状況です。数年以内に、同性婚(法律婚)を認める法整備が実現する可能性はありそうです。

6/22 人にやさしい子や字がきれいな子は、成績優秀な子が多いといわれます。両者に共通するのは「配慮」ができるということです。

6/23 大谷翔平選手はインタビューで客観的な表現を用いてコメントしています。常に自分を俯瞰的に見ている証拠です。そのため、プレッシャーに強く、多少のことには動じないのでしょう。